2016年06月19日

次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!

物語は太古の昔、かつてこの世の全ての情報が記録されていた古代図書館「バベル」で起こった謎の爆発事件から始まります。爆発の影響で、バベルに所蔵されていた強大な力を持つ魔導書が様々な次元に四散してしまいます。そこで、魔導書回収を目的とした地域図書館が各所に設立。かくして誕生した、「魔法図書館」を拠点としてバベル再建のため、各地に散った魔導書が回収されることとなりました。

本作の舞台となるのは、そんな魔法図書館のひとつである「キュラレ」。メインストーリーは新米司書である「ミウ(CV:井上麻里奈さん)」が、このキュラレにやってくることからスタートします。

メインストーリーではミウのほか、司書研修生の「セラ(CV:松井恵理子さん)」と、特務司書の「デルフィン(CV:日笠陽子さん)」 の3人の司書たちが中心となります。その他にも図書館の管理者で皆のお姉さん「エリス(CV:福圓美里さん)」、面倒くさがりで毒舌だけど実は良い人「莊子(CV:早見沙織)」、ネコミミマッドサイエンティスト「モロー博士(CV:鈴木愛菜さん)」等個性溢れる図書館の仲間たちも登場します。 壮大なメインストーリーは豪華声優によるフルボイスで展開。各次元に出現する様々な魔導書を巡る冒険の果て、無事に彼女たちは魔導書を回収しバベルを再建することができるのでしょうか。

  


Posted by stnpw  at 18:15Comments(0)

2016年06月18日

海老蔵、5度目の取材自粛のお願い「何度も申し訳ございません」

歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が17日、ブログを更新し、改めて乳がんで闘病中の妻でフリーアナウンサーの小林麻央について、取材の自粛を訴えた。9日に麻央夫人の病状が発覚して以降、自身が行った会見を含めると合計5度目の取材自粛の要請となる。病床の夫人、そして子供たちや家族を守るために「何度も申し訳ございません」と、低姿勢で配慮を訴えた。

 海老蔵は「あらためて」というタイトルでブログを更新。「多くの記事を目にします。まおのことに関しましては 雑誌の方々、静かに見守ってください」とつづり、今も雑誌による麻央夫人関連の過熱取材が続いていることに、心を痛めている様子。この日に発売された写真週刊誌でも麻央夫人の記事が掲載されており、タイトル通り「あらためて」配慮を求めた格好だ。

 もちろん、マスコミも仕事だとわかっているからこそ、最後には「何度も何度も申し訳ございません」とつづり、頭を下げて協力を訴えた。

 海老蔵は麻央夫人の病状がスポーツ紙で報道された9日に、すぐに会見を開き、その中でも報道陣に「静かに見守って」と配慮をお願い。会見が終わった9日夜のブログでも「本日会見後にマオの実家にもカメラが来たとのこと、うーん…よろしくお願いします」と、麻央夫人の実家にも記者がやってきたことを明かし、自粛を訴えた。

 翌日の10日にもブログで「人の命に関わることです。よろしくお願いします。マオ本人の負担になるような撮影はやめてください」と再々要請。11日はそのブログを受け「ありがとうございます。この事はお願いしたいことです。その様な事が起こらない様に会見もさせていただいたという思いもございます」と、何度も自粛を訴えていた。  


Posted by stnpw  at 13:03Comments(0)